飲み会の幹事を任されそうになったとき、サラリとかわすテク9パターン

毎日の仕事で手一杯な人なら、飲み会の幹事まで任されるのはなるべく避けたいと思うもの。指名されてしまったとき、角を立てずに断るにはどうしたらいいのでしょうか。そこで今回は『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「飲み会の幹事を任されそうになったとき、サラリとかわすテク」をご紹介します。

  • 【1】「盛り上げ役に徹しますから!」と他で役立つことをアピールする

    「ただ断るだけでは角が立つので、代わりにできることを提案してやる気を見せておく」(20代女性)というように、幹事は難しくても、手伝いたい気持ちがあることをアピールするとよさそうです。会計やメンバーの管理、現場への誘導などのサポートを引き受けてみてはいかがでしょうか。