「親との同居」を望む夫に、気が進まないことをやんわり伝えるセリフ9パターン

「夫の親との同居」について、ほとんどの妻は「どうしても避けたい!」というのが本音でしょう。もし夫に同居話を持ち出されたら、慌てることなく、うまくかわしたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『親との同居』を望む夫に、気が進まないことをやんわり伝えるセリフ」をご紹介します。

  • 【1】「えーっ、本気で言ってないよね?」とまじめに取り合わない

    「『またまた、そんなこと言ってー』と笑顔で流す」(20代女性)というように、とりあえず明るくはね返してみると、深入りさせにくい雰囲気を作れそうです。ただし夫が明らかに本気モードなら、軽すぎる態度では反感を買ってしまうので、ある程度は空気を読んで対応しましょう。
  • 【2】「田園調布にプール付き豪邸を用意してくれるのなら」と無理な条件を出す

    「『あなたが毎日ずっと家でお義母さんの相手してくれるならいいよ』と言ったら、『そんなの無理だろ…』で会話が終了」(30代女性)というように、無謀な要望を突きつけるのもひとつの手です。「玄関が別の二世帯住居なら」など、中途半端に叶いそうな要求は、話を加速させてしまう可能性があるので、無理難題をひねり出しましょう。