まだまだ若い!と張り切る父親にさりげなく自重を促す一言9パターン

父親には体を大切にしてほしいと願うのが娘心。「まだまだ若い!」と張り切りすぎる父に、「年齢も考えて」とさりげなく諭すにはどうしたらいいのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「いつまでも『若いつもり』で張り切りすぎる父親に、さりげなく自重を促す一言9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「お義父さん、転んで骨を折ったらしいよ」と、同年代の人を引き合いに出す

    「『酒屋のおじさん、屋根から落ちたんだって』と言ったら、今年から雪おろしは主人の役に」(20代女性)というように、身近な例を上手に使うと、父親に年齢を意識してもらうことができそうです。過剰に心配しても反発を招きかねないので、「お父さんも気をつけてね」と言い添える程度に留めましょう。