さまざまな母の愛にハッとさせられる「母性愛映画」9パターン

母として、自分の子育てに自信が持てなくなることもあるでしょう。そんなときは、いろいろなタイプの「母」の姿を知ることが、解決の糸口になりそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「さまざまな母の愛にハッとさせられる『母性愛映画』」をご紹介します。

  • 【1】おてんば姫と王妃の心の溝『メリダとおそろしの森』

    「娘のためを思って厳しく接する母と、自由を求める子どものすれ違いは、身分に関係なく起こるんだな」(20代女性)というように、特に母娘の間で起こりがちな葛藤を描いたアニメーション作品です。頑なな母を変えるため魔法に頼った主人公が、やがては親心を理解していくストーリーに、希望を見出す人も多いでしょう。