えっ?耳を疑ってしまうママ友からの「一人っ子批判」9パターン


「一人っ子にしては優しいね!」と、ほめ言葉のつもりで言うママ友は数知れず。彼女たちの、悪意なき(?)一人っ子差別発言に悩まされている方も多いことでしょう。そこで今回は、独自アンケートを参考に「『えっ?』と耳を疑ってしまうママ友からの『一人っ子批判』」をご紹介します。

  • 【1】「一人っ子はワガママ!」と性格を否定する

    「『やっぱり一人っ子は…』と見下した言い方にムカッ!」(30代女性)というように、一人っ子は、何かにつけて性格を問題視されることが多いようです。カチンときても「いやぁ、お恥ずかしい。この親にしてこの子ありで」と謙虚にしておくと、「これだから育児経験が少ない親は…」と、さらに火の粉をかぶることは防げるでしょう。