彼女の手料理が美味しくなかったときの男性の本音9パターン

  • 【2】「頼むから、せめて味見だけはしてくれ!」

    「人に出すからには、味見をしっかりして最低ラインを保ってほしかった」(20代男性)というように、不得意なのは仕方なくても味見を怠るのだけはやめてほしいという意見です。本を見て作ったうえで味見をすれば、このような失敗はなくなるでしょう。