彼女の手料理が美味しくなかったときの男性の本音9パターン

彼女が張り切って作った手料理。しかしいざ口にしてみると、男性にとってはとても「美味しい」とは言えない味だった…ということもあるようです。今回はスゴレンの男性読者に、「彼女の手料理が美味しくなかったときの本音」を聞いてみました。

  • 【1】「頑張って作ってくれたんだから、無理してでも食べよう」

    「俺のために一生懸命作ったんだなぁと思う。愛情が込もっていれば食べるしかない」(20代男性)と、せっかく作ってくれたものに対して礼儀正しく頂こうとする男性は多いようです。優しい行動ではありますが、無理をして食事中に顔がひきつっていないか注意しましょう。