理不尽な上司の小言を上手に受け流す方法9パターン

たいしたことじゃないのに激怒したり、機嫌によって八つ当たりしたり…。理不尽な上司の振る舞いに思わず逆ギレしそうになることもあるでしょう。とはいえ、いちいち小言を真に受けて、落ち込んでいるわけにもいきません。そこで、『スゴエル』女性読者の声から「理不尽な上司の小言を上手に受け流す方法」をご紹介します。

  • 【1】「この人は私のためを思って怒ってくれている」と思い込む

    「父親みたいなものだと思うようにしている」(20代女性)というように、プラスに捉えて自分の糧にする方法です。理不尽な中にも、目上の人ならではの役立つ見解が混ざっていることもあるものです。ポジティブに耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
  • 【2】「いつか絶対見返してやる」と仕事のモチベーションを上げる

    「いい仕事をして、『お言葉ですが』と反論できるようになるのが目標(笑)」(20代女性)というように、怒りをやる気に転換させる方法です。「今度は文句のつけようのない完ぺきな仕事をしよう」と思えば、仕事の精度も上がりそうです。