転職先で入社早々に嫌われてしまう振る舞い9パターン

新しい職場になじめるか…転職に不安は付きもの。新天地でいい人間関係を築くためには、避けるべき行動を知っておく必要があるようです。そこで『スゴエル』読者にリサーチした、「転職先で入社早々に嫌われてしまう振る舞い」を紹介します。

  • 【1】設備などを前の会社と比較する

    「『ウォーターサーバーしかないんですか?』と無料コーヒーがないことを不満がられてムカッ」(20代女性)というように、前の職場の設備のほうが優れていたことを暗に知らせる態度は煙たがられるようです。どうせ比べるなら、「わあ! 最新のプリンターですね!」など、優れている面を褒めると、早く職場になじめるのではないでしょうか。
  • 【2】相手が年下と知るとすぐにタメ口で話す

    「この会社では私が先輩! タメ口を使われると仕事を教えにくい」(20代女性)というように、年齢を知るや否やフランクな言葉遣いになる人は、「先輩、後輩」の概念を履き違えていそうです。自分より社歴の長い人は「先輩」として敬いましょう。「タメ口でいいよ」と言われても、仕事中は敬語で話すほうが無難かもしれません。