「またおごってやるよ!」と上司が気分を良くするお礼8パターン

  • 【3】「私が出世したら、おごらせてくださいね」

    「『そのときが楽しみだな』と純粋にうれしくなる」(30代男性)というように、将来のステキな約束で上司を喜ばせることもできそうです。かつて「上司が先輩からおごってもらったとき」のエピソードなどに触れると、さらに会話が盛り上がるのではないでしょうか。

注目の記事(女性)

注目の記事(男性)