「役に立てた!」という気持ちを育てるお手伝いの頼み方9パターン

  • 【6】「キレイにして気持ち良くしようよ!」と、簡単なお掃除を手伝ってもらう

    「『リビングにゴミがいっぱいだねえ…』とわざと力を落としてつぶやいたら、『僕がお掃除してあげる!』と宣言」(20代女性)というように、「やりたい」と思う気持ちを後押ししてみてもよいかもしれません。最初は上手にできなくても、「頑張ったね!」と褒めてから、一緒に仕上げるようにしましょう。