忙しい時期にうっかり上司を怒らせてしまった失言9パターン

  • 【3】「それは私の業務ではありません」とつっぱねてしまった

    「『私は総務ですから、営業の仕事はできません』と言っちゃったら場が凍りました」(20代女性)と、たとえ正論であっても、言ってしまうと角が立つこともあるようです。忙しくてそこまで手が回らない場合は、「時間的に厳しいです」などと素直に泣きついてみるといいでしょう。