忙しい時期にうっかり上司を怒らせてしまった失言9パターン


忙しい時期にはつい気遣いがおろそかになり、失言も増えてしまいがち。また、繁忙期には誰もがナーバスになるので、発言にはいつも以上に気をつける必要があるかもしれません。そこで『スゴエル』読者に、忙しい時期の打ち合わせ時にしてしまった問題発言を聞いてみました。その結果をもとにした、注意すべきひと言をご紹介します。

  • 【1】「先週は、反対のことを言っていましたよね」と矛盾をついてしまった

    「以前言っていたことと違います、と指摘したら押し黙られてしまいました」(20代女性)というように、上司の誤りを指摘するのも避けた方がいいでしょう。過去の発言を責めずに、「○○ではなく△△でいいんですね?」と念押しすると、スムーズに物事が進められそうです。