ひらがなを読み始めた子どもにぴったりの絵本9パターン

  • 【7】果物と一緒に大冒険『りんご りんご りんご りんご りんご りんご』(主婦の友社:安西水丸作)

    木から落ちた真っ赤なりんごの冒険ストーリーです。「5歳くらいになると結構リズミカルに読んでますよ」(30代女性)というように、同じ言葉の繰り返しが多いので、お兄さん、お姉さんになったお子さんから、下の子に読み聞かせてもらうといった使い方もできるかもしれません。