忙しくてイライラしている同僚女子の気持ちを上げる一言9パターン

  • 【5】「これが一生続くわけじゃない!」

    「『去年もきつかったのは3日目までだったし』と過去の例を出しました」(20代女性)というように、この忙しさにも終わりがあることを認識させ、気持ちを楽にしてあげるパターンです。さらに、「今どこまで進んでるの?」と現状確認し、どれくらいで終わるのか明確化すると、仕事の効率も上がるかもしれません。
  • 【6】「部長が『あいつ頑張ってるな』って言ってたよ」

    「その言葉で、すっかり元気を取り戻しました」(20代女性)というように、きちんと評価されていることを伝え、奮起させるパターンです。上司が見ていると分かれば気が引き締まり、「最後まで丁寧に仕事をこなそう」と思い直すきっかけにもなるでしょう。