納得して仕事を手伝ってもらえる「お願いフレーズ」9パターン

同僚に仕事のヘルプを頼むときは、大なり小なり気を使うもの。下手をすると、面倒くさいと思われ、体よく断られてしまうこともあるでしょう。そこで、『スゴエル』女性会員の声から、同僚に「それなら手伝ってもいいか」と思ってもらいやすい、お願いのときの一言をご紹介します。

  • 【1】「私より知識があるあなたの助けが必要なの」と、相手を持ち上げる

    「下手に出て懇願すると大抵引き受けてくれる」(20代女性)というように、ヨイショしてその気にさせるパターンです。ほかにも、「経験がある」、「仕事が速い」など、褒め言葉のバリエーションを準備しておくと、状況や相手に合わせて使い分けられるでしょう。
  • 【2】「なんだか頭が痛くて」と、プチ仮病を訴える

    「体調不良の人を頑張らせたらかわいそうだと、進んで仕事のフォローをしてくれました」(20代女性)というように、相手の良心に訴えかけるパターンです。ただし、何度もこの手を使うと「仮病を使う怠け者」と思われ、信用をなくす恐れがあるので注意しましょう。