「せこい」と思われずに数百円の立替金を返してもらう方法9パターン

数百円の立替金を催促するのは、「みみっちい」と思われそうで気がひけるものです。とはいえ、返してもらえないとなると、いつまでもモヤモヤしてしまうことになります。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、立て替えたちょっとしたお金を、同僚からスマートに回収する方法を探ってみました。

  • 【1】立替金が発生したときの話が出たら「そういえば、あの代金って…」と持ち出す

    「送別会用に立て替えたプレゼント代を、その会についての話題に便乗して請求しました」(20代女性)のように、発生した状況とともに支払いを思い出させるのもいいでしょう。「あのとき選んだマグカップ、可愛かったよね」と、購入した物などを話題にするのもいいかもしれません。