電車で遭遇してしまった、さほど仲のよくない同僚との無難な会話9パターン

帰りの電車で、時にはばったり苦手な同僚に遭遇してしまうこともあるでしょう。とはいえ、いくら苦手でも知らんぷりするわけにはいきません。ここは無難な話題を振って盛り上がっておきたいものです。そこで『スゴエル』読者へのアンケートから見えてきた、差し障りのないネタの実例をお届けします。

  • 【1】「今日、あの上司にイヤミ言われちゃった」とグチをこぼす

    「ネタには事欠かない、みんなに煙たがられている上司の話を出します」(20代女性)のように、仕事のグチで盛り上がるという人もいました。ただし相手がどう捉えるかわからないので、ヒートアップしすぎないように気をつけたほうがいいかもしれません。
  • 【2】「週末って何してるの?」と趣味ネタに持ち込む

    「オフに何をしているか聞けば、話が広がりそう!」(20代女性)というように、プライベートな時間の過ごし方を聞いて、話のとっかかりを探すのもいいでしょう。興味をそそられる趣味があることがわかれば、今後仲よくなる可能性もありそうです。