送別会で周囲を唖然とさせた、同僚への「別れの言葉」8パターン

送別会でのメッセージは、送られる本人だけでなく、周囲の人の感動を呼ぶこともあるものです。しかし、何も考えず思ったままを口にすると、失言をしてしまう恐れもあります。そこで今回は『スゴレン』女性読者の退職時の経験談から、「送別会で周囲を唖然とさせた、同僚への『別れの言葉』」をご紹介します。

  • 【1】「もう二度と会うことはないけれど…」など、縁切りの言葉

    「ドライすぎて悲しくなった」(20代女性)というように、退社した途端、他人だというかのような発言をすると、冷たい人だと思われてしまいそうです。「またどこかで一緒に仕事ができたらいいね!」など、つながりを感じさせる一言を贈るとよいでしょう。