「はじめてのひな祭り」をめぐる義父母との確執9パターン

可愛い孫娘の初節句に、気合が入る義父母たち。息子世帯の事情などおかまいなしのフィーバーぶりのせいで、妻側の実家をも巻き込んだトラブルに発展することもあるようです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『はじめてのひな祭り』をめぐる義父母との確執」をご紹介いたします。

  • 【1】狭いマンション住まいなのに、突然、立派な七段飾りが送られてきた

    「2DKのアパートに、ドーンと届いた豪華なひな飾り。寝る場所がない!」(20代女性)というように、生活実態に合わないものを相談もなく送りつけられて、手放しで喜べる人は少ないでしょう。ひとまずお礼を言って、2年目以降は義父母の家で飾ってもらうよう、お願いしてもよいかもしれません。