子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン

  • 【9】「サッカー選手になれないよ」と、将来の夢に向かって頑張るように諭す

    「『ピーマン食べないと、ホームランなんて打てないよ』と話したら、『頑張る!』と目つきが変わりました」(20代女性)というように、子どもの夢に結び付けて誘導してもよいでしょう。「お肉のあとはお野菜食べると、力がつくよ!」など、少しずつ習慣づけしていきましょう。

ほかにも、「こんな一言で野菜を食べた!」という言い回しがあれば教えてください。たくさん食べて、元気に大きくなれますように。(西村祥子)
Photo:All images by iStock