子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン

  • 【7】「おいしいデザートがあるんだけどなー」と、ご褒美をチラつかせる

    「『全部食べたら、チョコレートあげるよー』とお菓子を見せたら、あっという間に平らげました」(20代女性)というように、あとでいいものがもらえると思えば、苦手な野菜でも頑張れる子は多いようです。ただし、「ご褒美がないと食べられない」という事態にならないよう、頻度には注意しましょう。
  • 【8】「けんちゃんはナスも食べられるようになったんだって」と、ライバル心を刺激する

    「『かなちゃんはトマトいっぱい食べて、お肌ツヤツヤになるんだって!』と話したら、『私も!』と…」(20代女性)というように、お友達に負けたくないという思いがあれば、好き嫌いも克服できそうです。「今度はブロッコリーを食べて、自慢しちゃおうか!」と競争心をあおってみるのもよいかもしれません。