子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン

  • 【5】「ほうれん草を食べると、すごく強くなれるよ!」と、効果を強調する

    「『カボチャ食べると、体が丈夫になるんだって』と伝えると、『ホント?』と口に運んでくれました」(20代女性)というように、野菜のパワーを教えて背中を押すこともできそうです。女の子には、「キュウリ食べると、モデルさんみたいになれるぞー」などと、おませ心をくすぐってみるといいかもしれません。
  • 【6】「食べないの? じゃあママがもらっちゃおうかなー」と、物欲しげに皿を見つめる

    「『おいしそうだなー。横取りしちゃおうかな』と野菜のほうを見たら、『ダメ!』と急いで食べてしまいました(笑)」(20代女性)というように、取られると思うとほしくなるのは、大人も子どもも同じようです。食いつきが悪いときは、「よし、いただき!」と口に運ぶふりをしてみるのもよさそうです。