子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン

  • 【3】「食べないの? ニンジンさんが泣いてるよ!」と、野菜の気持ちを考えさせる

    「『玉ねぎさんがエーンエーンって…』と耳を寄せたら、まじまじと見つめたあとにパクリ!」(20代女性)というように、野菜を擬人化することで、子どもの感性に訴える手もあります。食べたあとは、「おなかの中で喜んでるね!」などと、楽しい雰囲気づくりを心がけましょう。
  • 【4】「食べてくれないの? ママ悲しくなっちゃう…」と、泣きマネをする

    「『頑張って作ったんだけどな…』と悲しそうな顔をしたら、慌ててサラダも食べてくれました」(20代女性)というように、ママの想いを知ると「頑張ろう」という気持ちになる子もいるようです。食べられたら、「嬉しいよ!」とギューしてあげるとよいでしょう。