子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン


野菜が苦手な子どもは少なくありませんが、それでも食べてほしいのが親心。子どもの気持ちをほぐして、口に運んでもらうためには、どんな一言が効果的なのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「子どもに嫌いな野菜を『食べてみよう』と思わせる魔法の言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ピーマン食べるの? すごいね!!」と、先行して褒める

    「『レンコンさん食べるなんて、エライっ!』と先に拍手したら、パクッと口に入れてドヤ顔でした」(20代女性)というように、「褒められたい」という気持ちを刺激すると、苦手な野菜にもスッと手が伸びるようです。本当に食べられたら、もっと盛大に拍手を送るとよいでしょう。

  • 【2】「あなたならできるよ、ママ、知ってるもん」と、おだて上げる

    「『年中さんはおにいさんだから、ゴボウさんなんてへっちゃらだよね?』と持ち上げてみたら、『もちろん!』とその気に…」(20代女性)というように、おだてに弱い子どもは多いようです。「野菜を残さず食べてるから、かけっこ速くなったんじゃない?」などと大げさに驚いてみせれば、苦手な野菜にも挑戦してくれるかもしれません。

  • 【3】「食べないの? ニンジンさんが泣いてるよ!」と、野菜の気持ちを考えさせる

    「『玉ねぎさんがエーンエーンって…』と耳を寄せたら、まじまじと見つめたあとにパクリ!」(20代女性)というように、野菜を擬人化することで、子どもの感性に訴える手もあります。食べたあとは、「おなかの中で喜んでるね!」などと、楽しい雰囲気づくりを心がけましょう。

  • 【4】「食べてくれないの? ママ悲しくなっちゃう…」と、泣きマネをする

    「『頑張って作ったんだけどな…』と悲しそうな顔をしたら、慌ててサラダも食べてくれました」(20代女性)というように、ママの想いを知ると「頑張ろう」という気持ちになる子もいるようです。食べられたら、「嬉しいよ!」とギューしてあげるとよいでしょう。

  • 【5】「ほうれん草を食べると、すごく強くなれるよ!」と、効果を強調する

    「『カボチャ食べると、体が丈夫になるんだって』と伝えると、『ホント?』と口に運んでくれました」(20代女性)というように、野菜のパワーを教えて背中を押すこともできそうです。女の子には、「キュウリ食べると、モデルさんみたいになれるぞー」などと、おませ心をくすぐってみるといいかもしれません。

  • 【6】「食べないの? じゃあママがもらっちゃおうかなー」と、物欲しげに皿を見つめる

    「『おいしそうだなー。横取りしちゃおうかな』と野菜のほうを見たら、『ダメ!』と急いで食べてしまいました(笑)」(20代女性)というように、取られると思うとほしくなるのは、大人も子どもも同じようです。食いつきが悪いときは、「よし、いただき!」と口に運ぶふりをしてみるのもよさそうです。

  • 【7】「おいしいデザートがあるんだけどなー」と、ご褒美をチラつかせる

    「『全部食べたら、チョコレートあげるよー』とお菓子を見せたら、あっという間に平らげました」(20代女性)というように、あとでいいものがもらえると思えば、苦手な野菜でも頑張れる子は多いようです。ただし、「ご褒美がないと食べられない」という事態にならないよう、頻度には注意しましょう。

  • 【8】「けんちゃんはナスも食べられるようになったんだって」と、ライバル心を刺激する

    「『かなちゃんはトマトいっぱい食べて、お肌ツヤツヤになるんだって!』と話したら、『私も!』と…」(20代女性)というように、お友達に負けたくないという思いがあれば、好き嫌いも克服できそうです。「今度はブロッコリーを食べて、自慢しちゃおうか!」と競争心をあおってみるのもよいかもしれません。

  • 【9】「サッカー選手になれないよ」と、将来の夢に向かって頑張るように諭す

    「『ピーマン食べないと、ホームランなんて打てないよ』と話したら、『頑張る!』と目つきが変わりました」(20代女性)というように、子どもの夢に結び付けて誘導してもよいでしょう。「お肉のあとはお野菜食べると、力がつくよ!」など、少しずつ習慣づけしていきましょう。

ほかにも、「こんな一言で野菜を食べた!」という言い回しがあれば教えてください。たくさん食べて、元気に大きくなれますように。(西村祥子)
Photo:All images by iStock