子どもに「嫌いな野菜」を食べてもらうための魔法の言葉9パターン

野菜が苦手な子どもは少なくありませんが、それでも食べてほしいのが親心。子どもの気持ちをほぐして、口に運んでもらうためには、どんな一言が効果的なのでしょうか? そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「子どもに嫌いな野菜を『食べてみよう』と思わせる魔法の言葉9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「ピーマン食べるの? すごいね!!」と、先行して褒める

    「『レンコンさん食べるなんて、エライっ!』と先に拍手したら、パクッと口に入れてドヤ顔でした」(20代女性)というように、「褒められたい」という気持ちを刺激すると、苦手な野菜にもスッと手が伸びるようです。本当に食べられたら、もっと盛大に拍手を送るとよいでしょう。