専門職のわが夫をアテにするママ友…やんわり拒否する方法9パターン

夫が「医師」「建築士」「税理士」「カメラマン」といった専門職であることがバレて、ママ友から「安くできない?」「優先してもらえない?」と頼まれて困った経験はありませんか? そこで今回は、独自アンケートを参考に「専門職の夫をアテにするママ友に、やんわりお断りする方法」をご紹介します。

  • 【1】「本人に聞いてはみるけど…」と、いったん保留にしてから丁寧に断る

    「『旦那さん弁護士でしょ? 相談させて』と寄ってきた人は、娘の幼稚園時代だけでざっと12人!」(30代女性)など、夫の職種によっては、図々しい依頼が押し寄せることがあるでしょう。「またか…」とウンザリさせられても、すぐに拒否すると「軽くあしらわれた」と思われるので、お断りの返事は後日にしたほうがよさそうです。