赤ちゃんだと思ってたのに…子どもの成長を実感した瞬間9パターン

「大きくなったなあ」と実感する、子どものふとした言葉や行動…。感慨深くその瞬間を見守りつつ、さらにのびやかに育ってもらうために、接し方にも気を付けていきたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ちょっと前まで赤ちゃんだと思っていたのに、『いつの間にか成長したなあ』と感じる瞬間9パターン」をご紹介します。

  • 【1】「大丈夫?」と、転んだ友達に声をかけてあげたとき

    「滑り台の階段にしり込みするお友達に、『ほら』と手を差し出す息子に感動!」(20代女性)というように、わが子が自分以外の誰かに優しく接する様子を見て、成長を感じる人は多いようです。「お兄ちゃんになったね!」などと、すかさず褒めてあげましょう。
  • 【2】「こんにちは!」と、ご近所さんにきちんと挨拶できたとき

    「仕事帰りのご近所さんに、元気な声で『こんにちは』!…夜でしたけどね(笑)」(20代女性)というように、挨拶できる人の範囲も、子どもの成長と共に広がっていくようです。多少間違っていても、まずは思い切って声を出せたことを一緒に喜んでから、言葉の使い方を教えてあげるとよいでしょう。