先輩の「飲んで帰るか!」という誘いをかわす上手な言い訳9パターン

「そろそろ帰ろうかと思っていたら、男性の先輩に飲みに誘われてしまった」、なんて経験がある人も多いでしょう。とはいえ、気が乗らないときには、上手に断ってスマートに帰りたいものです。そこで『スゴエル』読者へのアンケートをもとに、急な飲みの誘いを断る言い訳を探ってみました。

  • 【1】「仕事がまだまだ終わらないんです」と残業を理由にする

    「少しでもやることが残っている場合は、『仕事があるんですー!』と断ります」(20代女性)と、まだ出られないことをアピールする方法もあります。万が一「じゃあ、待ってるよ」と言われてしまったら、自分から「時間がかかりそうなので、今回はあきらめます」と言って切り抜けましょう。