上司と社食で隣り合ってしまったときに間が持つ話題9パターン

  • 【7】「この煮物、おいしいですよね!」と社食の献立の感想を話す

    「好きなメニューの話なんかも、割と盛り上がる」(20代女性)というように、あたりさわりのない話題でその場を乗り切るという人もいるようです。社食でなくても、会社周辺のランチであれば誰が会話を聞いているかわかりません。そう考えれば、好きな料理や苦手な食材など、誰に聞かれても問題のない内容に徹するほうが安心でしょう。
  • 【8】「父の誕生日が近いんです」と父親へのプレゼントの相談をする

    「ファッションにうるさい人にはコレ!」(20代女性)というように、センスのよさを自負する「自称オシャレさん」な上司に効果的なパターンです。提案されたアイテムには「さすが○○さん!」などとヨイショして、自尊心をくすぐるとおしゃべりもはずみそうです。