上司と社食で隣り合ってしまったときに間が持つ話題9パターン

社食で一人ランチをしていると、「ここいいかな?」と隣の席に上司が…。そんなとき、差しさわりのない会話で場を和ませるのは社会人としてのマナーともいえるでしょう。そこで『スゴエル』女性読者のアンケートをもとに、「上司と社食で隣り合ってしまったときに間が持つ話題」をご紹介します。

  • 【1】「お子さんはお元気ですか?」と子どもの話を振る

    「無口な上司も子供の話だと饒舌になります」(20代女性)というように、家族の話は困ったときの鉄板ネタといえそうです。子供のエピソードを引き出しながら、「利発なお子さんですね」などと褒めることで、気難しい上司の心も開くことができそうです。
  • 【2】「今日は一段と冷え込みますね」と天候の話をする

    「とりあえず天候の話を振りつつ、次の話題探し!」(20代女性)というように、会話のつかみとして「今日の天気」について話すという声もありました。桜の開花や初雪の時期など、季節ならではの話題も絡めると意外と話を広げられそうです。