「暮らしの基本」を楽しく学べる絵本9パターン

子どもの成長をうれしく見守りつつも、次第にママの頭を悩ませるようになるのが「しつけ」の問題です。もしお子さんが絵本好きなら、読み聞かせを通じて生活習慣を楽しく教えてあげられるといいかもしれません。そこで今回は、「『暮らしの基本』を楽しく学べる絵本」というテーマで独自アンケートを実施し、先輩ママたちにオススメ作品を教えていただきました。

  • 【1】身近な危険から子どもを守る『あぶないよ!』(ブロンズ新社:フランチェスコ・ピトー作)

    洗濯機や扇風機、ビニール袋など、身の回りにある危険物を子どもに知らせてくれる絵本です。「ガミガミいうより効果ありそう」(30代女性)というように、主人公の男の子を反面教師にしながら、なぜ危ないのかを一緒に考えるといいかもしれません。