「同居前に誰か教えてほしかった!」と思う義父母の習慣9パターン

夫の親と同居を始めて、以前は気付かなかった「義父母のとんでもない習性」を知り、「一緒に暮らすんじゃなかった…」と後悔している人は少なくないようです。そこで今回は、独自アンケートを参考に「『同居前に誰か教えてほしかった!』と思う義父母の習慣」と、その対処法をご紹介します。

  • 【1】ノックもせずに部屋へ入ってくる

    「留守中に無断で『お布団、干しておいてあげたわよ』って、ありがた迷惑でしかない!」(30代女性)というように、自分たちの居住スペースへ我が物顔で入り込んでくる義父母に対して、気分を害した経験のある人は少なくないようです。「部屋に入るときは一声かける」「緊急時以外は勝手に入らない」などと、夫から頼んでもらいましょう。