知っておけばトラブル回避!ご近所を怒らせた意外な理由9パターン

自分ではマナー違反をしているつもりはないのに、ご近所から思わぬ苦情が…。不本意なトラブルで嫌な思いをしないためにも、どのような行為が迷惑だととらえられてしまうのか、事前に知っておきたいものです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「自分では些細なことだと思っていたのに、ご近所さんを怒らせてしまった『意外な理由』9パターン」をご紹介します。

  • 【1】伸び放題の庭木の枝を放置していた

    「『お宅の落ち葉のせいで雨どいが詰まった!』と、隣家からクレームを受けた」(20代女性)というように、伸びすぎた庭の草木は、気づかないうちに隣家に進出してしまっているかもしれません。枝を張る樹木はきちんと剪定し、ツル性の植物は、まめに先端を方向転換させることをお忘れなく。