「跡取り息子を産んでね!」と期待する姑のうまいかわし方9パターン

  • 【5】「どうすればいいんでしょうか」と逆に相談してみる

    「『そこまで言うなら、やり方を教えてほしい』と問い詰めたら、タジタジに(笑)」(20代女性)というように、「跡取り息子を必ず授かる方法」を尋ねてみるのもいいでしょう。「そんなこと聞かれても…」と姑が言葉に詰まるようなら、「そうですよね、私もわからなくって」と優しく助け舟を出して、いい嫁を演じましょう。
  • 【6】「すごいプレッシャーですね。あはは」と困ってみせる

    「『そう言われると胃がキリキリ痛くて』と辛そうにする」(30代女性)というように、姑の言葉が心身の負担になっているとほのめかすこともできそうです。「子どもを産むこと自体、怖くなってきました…」など、深刻な状況を伝えて、控えてもらえるように仕向けましょう。