「跡取り息子を産んでね!」と期待する姑のうまいかわし方9パターン

  • 【3】「こればっかりは、授かりものなので…」と真顔で答える

    「『男の子か女の子かは、私たちが決められるものでもないですし…』とやんわり反撃!」(20代女性)というように、もっともな正論を盾にすれば、姑も言い返せないでしょう。ただし、怒った口調ではなく、穏やかなトーンで主張したほうが、聞き入れてもらいやすそうです。
  • 【4】「コウノトリのご機嫌がどうでしょう」と言葉を濁す

    「『神様にお願いしておきますね』と煙に巻く」(30代女性)など、第三者にげたを預けてしまうのもひとつの手です。さらに「コウノトリってどんな鳥なんでしょう?」「産みわけにいい神社ってあるんでしょうか?」というように、ちょっと視点を変えた話題で逃げることもできそうです。