「跡取り息子を産んでね!」と期待する姑のうまいかわし方9パターン

子どもが結婚したら、孫の誕生を待ち望む親は多いことでしょう。「孫はまだか」とプレッシャーをかけてくるだけならまだしも、「孫は跡取りだから男の子!」と決めつけてかかる姑がいたら、心底うんざりしそうです。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「『跡取り息子を産んでね!』と期待する姑のうまいかわし方」をご紹介します。

  • 【1】「そうですね」と笑顔で受け流す

    「一応にこやかに対応しておく」(20代女性)というように、肯定も否定もせず、とりあえず「はいはい」と応じておけば、姑の気持ちも落ち着きそうです。もし「いや、私は女の子がいい」と思っていたとしても、口に出すと面倒なことになりそうなので、心の中にとどめておきましょう。