夫への想いをよみがえらせてくれる「結婚式の思い出」9パターン

  • 【2】慣れないハイヒールを心配して、そっと支えていてくれたこと

    「着物が重くてフウフウ言ってたら、『大丈夫?』と何度も聞いてくれて嬉しかった」(30代女性)というように、結婚式のときの夫の気遣いを恋しく思うこともありそうです。自分が寝込んでもあまり心配してくれないときは、少しオーバーに弱ってみせて、思い切り甘えてみましょう。