無茶ぶりされた「一発芸」をうまくかわす一言7パターン

  • 【7】「助けてください!」と全力で言い、見逃してアピールをする

    「テーブルに両手をついて、思いっきり頭を下げる!」(20代女性)と、どうしようもないときの最終手段として使えそうな技です。本気で困っていることをアピールすれば、一発芸が得意な上司が代役を買って出てくれるかもしれません。

みなさんの「無茶ぶりされた『一発芸』をうまくかわす一言」は何でしょうか。ぜひ教えてください。(持丸未来)
Photo:All images by iStock