無茶ぶりされた「一発芸」をうまくかわす一言7パターン

  • 【2】「すみません、次の飲み会までに考えておきます」と素直に謝る

    「自分の準備不足だったことを謝りつつ、今回は見逃してもらう」(30代女性)と、次回のお楽しみにつなげてしまうパターンです。あまりに「次回こそ!」と強調しすぎると、ハードルをあげてしまうので注意が必要でしょう。