後輩がプライベートな悩みを相談したくなる先輩の特徴8パターン

  • 【8】家族や友人など、プライベートな人間関係を尊重する

    「お正月の帰省やバレンタインなど、イベントに寛大な先輩は話もしやすい」(20代女性)というように、後輩の私生活に理解を示してくれる先輩が好かれやすい傾向にあるようです。プライベートな話を共有するなら、その背景から理解してあげるべき、ということなのかもしれません。

みなさんはどんなとき、「この先輩は、私生活のことも話せるほど信頼できる」と感じますか? ぜひ意見をお聞かせください。(持丸未来)
Photo:All images by iStock