後輩がプライベートな悩みを相談したくなる先輩の特徴8パターン

会社の人に、自分の私生活のことを相談するのはなかなか勇気がいるもの。相手が先輩ならなおさらです。そのため、後輩から私生活の悩みを打ち明けられる先輩は、職場での信頼度がかなり高い人物といえるのではないでしょうか。今回は、『スゴエル』読者へのアンケートをもとに「後輩がプライベートな悩みを相談したくなる先輩の特徴」をご紹介します。

  • 【1】感情的でなく、常に冷静な対応をする

    「いつも冷静な先輩が、一番接しやすい」(20代女性)というように、感情をコントロールできるところに信頼が寄せられるようです。つい感情的になりがちな人は、そのぶん周りから信頼されにくくなることを覚えておきましょう。
  • 【2】ときには自分の弱みや悩みを打ち明ける

    「たまに先輩の弱音を聞くと、信頼されている気がして思わず心を許してしまう」(20代女性)というように、悩みを打ち明けられると自分も打ち明けたくなることがあるようです。とはいえ、愚痴っぽくなってしまうとかえって敬遠されるのでバランスに気をつけたいところです。