「私だけランチに誘われなかった」と同僚女子に言われたときの、角が立たない言い訳9パターン

「どうして私だけ、誘ってくれなかったの?」と聞かれ、気まずい思いをすることもあるでしょう。そこで『スゴエル』読者へのアンケートから見えてきた、そんなときのとっさの一言をお届けします。

  • 【1】「探したんだけど、いなかったから!」と誘うつもりだったことを伝える

    「実際どうかはおいといて、誘うつもりがあったと言えば角が立ちません」(20代女性)のように、声をかけようとしたけれど見つからなかった、とアピールするのもいいでしょう。「午後、早めにデスクに戻らなきゃいけなかったから、急いでて…。ゴメンね」などと添えると、相手の気分もグッと軽くなるはずです。