昼休みをオーバーして戻った後輩をさりげなく注意するひと言9パターン

昼休みはきっかり1時間と決まっているのに、毎回時間をオーバーして、のんびり戻ってくる後輩。どういう言い方をすれば角がたたず、時間にルーズな後輩を改心させられるのか…注意の仕方に悩んでいる人も多いようです。そこで『スゴエル』の読者に、「昼休みをオーバーして戻った後輩をさりげなく注意するひと言」を教えてもらいました。

  • 【1】「遅かったけど、具合でも悪い?」と心配そうに理由を聞く

    「ちょっと気まずそうだった」(20代女性)というように、相手に罪悪感を与えて、反省させるパターンです。あえて注意したり怒ったりはせずに体調を気遣うことで、後輩はその後ろめたさから、自分がとった行動を反省してくれるかもしれません。
  • 【2】「お昼に出たの○時だったよね?」と時間オーバーを暗に伝える

    「険悪になるのも嫌なので、明るいトーンでサラッと言う」(20代女性)というように、怒らずに時間オーバーの事実を指摘するパターンです。あなたに見られていることを後輩に意識させられれば、徐々に改善されそうです。