足音を小さくして!上階の住人にやんわり伝えるための一言9パターン

  • 【2】「夜だけは気にしてもらえませんか?」と時間を指定してお願いする

    「いつ困っているかを知らせる」(20代女性)というように、「眠れないので夜だけは静かに」など時間を区切ってお願いするパターンです。「ほかの時間は構わないので」と笑顔で付け加えれば、こちらの気遣いも伝わりそうです。