ブラコン気味の義妹にイヤミを言われたときの切り返し9パターン


夫の妹がもしブラコン気味だったら、冷たい視線やイヤミを浴びせられることもあるかもしれません。そんなときにどううまく対処するかは「義姉」として腕の見せどころ。そこで今回は、独自アンケートの結果を参考に「ブラコン気味の義妹に『あなたなんかお兄ちゃんの妻にふさわしくない!』とイヤミを言われたときの切り返し」をご紹介します。

  • 【1】「そうかもしれないね」と受け流す

    「いちいちムキになってたら、身が持たないし」(20代女性)というように、笑顔で軽くかわすのが負担にならない方法といえそうです。深刻にならず、「そっか、残念だな」などとあいまいな返事にとどめて、さっと次の話題に移りましょう。

  • 【2】「まだ修行中だから、がんばるね」と前向きに応える

    「笑顔でやる気を見せておきます」(30代女性)というように、努力していることを打ち明ければ、義妹のトゲトゲした気持ちが和らぐ可能性もあります。「長い道のりだね」と冗談めかして同意を求めることで、少しは義妹との距離を縮められるかもしれません。

  • 【3】「どうしたらいいか、いろいろ教えてね」と教えを乞う

    「下手に出て、義妹を頼りにしていることを伝える」(20代女性)というように、謙虚な姿勢を見せるのも一つの手です。義妹がフランクな感じなら、「じゃあ、どうしたらいいかな?」と相談して、真意を確かめてみるといいでしょう。

  • 【4】「お兄ちゃんが大好きなんだね」と核心を衝く

    「『いいお兄ちゃんだもんね』と相手に寄り添う」(30代女性)というように、ブラコン気味の義妹の気持ちを肯定してしまうのもいいでしょう。「お兄ちゃんって、小さいころから優しかったの?」などと自分の知らない夫について質問することで、義妹の優越感を満たしてあげられるかもしれません。

  • 【5】「あなたに言われるとずっしりくるな」と受け止める

    「とにかく気持ちを受け止めるのが一番」(20代女性)というように、ダメージを受けたように装うことで、義妹も「イヤミを言った甲斐があった」と満足するかもしれません。調子に乗って何度も言ってくる場合は、「だよねー」などと適当に連呼してやり過ごしましょう。

  • 【6】「え、お兄ちゃんがそう言ってたの?」と尋ねる

    「意外な切り返しに相手も驚きそう」(30代女性)というように、夫の気持ちを問うカタチで義妹をちょっと困らせてしまうのも一つの手です。「そうじゃないけど…」と返されたら、「それならよかった!」と無邪気に喜んで、明るく話を終わらせてしまいましょう。

  • 【7】「そうだね、私、美人じゃないし、気も利かないしね」と自虐ネタでごまかす

    「自分の弱点をさらしてしまう」(20代女性)というように、自らをおとしめてネタにすれば気持ちが楽になりそうです。「こんな私と結婚してくれるなんて、ほんとにありがたい」と感謝の念を口にして、少しでも好感度が上がることを期待しましょう。

  • 【8】「それでも、結婚してるんだよねー」と状況を肯定する

    「義妹が何と言おうと、結婚してるのは事実だもん」(20代女性)というように、「結婚していること」を強調するのもいいかもしれません。「結婚生活は、長い時間をかけてお互いが寄り添っていくものだと思うの」など、長い目で見守ってほしいことをさりげなく伝えましょう。

  • 【9】「はっきり言ってもらえると気持ちがいい」と喜びを表す

    「義妹を立てておく」(20代女性)というように相手を持ち上げたうえで、「いい夫婦になれるように応援してね」と味方につける方法もあります。万が一「応援しない!」と全否定されても、「そうかー」と明るく笑い飛ばすくらいの余裕を持っておきたいものです。

ほかにも、ブラコン気味の義妹からのイヤミをうまく切り返せるセリフがあれば教えてください。皆さんのご意見をお待ちしています。(佐々木恵美)
Photo:All images by iStock