「話しかけるなオーラ」満載の忙しそうな上司に声をかけるキッカケ作り7パターン

  • 【5】誰かが話しかけるのを待って「私も!」と乗っかる

    「上司と話し始めた同僚の後ろに並んでしまいます」(20代女性)と、「部下たちの話を聞く時間」を強制的に作ってしまいます。ただしこの方式は上司の時間をかなりとらせることになるので、「本当に急ぎなので、スミマセン」と急用であることをアピールしつつお願いしましょう。