「話しかけるなオーラ」満載の忙しそうな上司に声をかけるキッカケ作り7パターン

  • 【4】上司のすぐそばに立って、「すみません」と手をあわせつつ待つ

    「忙しいところホントにすいません、という感じで立ちます」(20代女性)と、近くに立って上司に気付いてもらう作戦です。50センチ以内ならさすがに気付いてくれるはずですが、本人が仕事でいっぱいいっぱいの状態ならば、「申し訳ないのですが…」と、お願いし倒す気持ちで接近しましょう。