「話しかけるなオーラ」満載の忙しそうな上司に声をかけるキッカケ作り7パターン

  • 【2】上司が立ち上がるのを待って早足で近寄る

    「お手洗いやちょっとした用事で、席を外そうとしたときを狙います」(10代女性)と、デスクから離れる瞬間を見計らう人も多く存在しました。「歩きながらでも、お話しさせてください」と言えば、たとえ「NO」でも、急ぎの用件があることを伝えられるでしょう。