「話しかけるなオーラ」満載の忙しそうな上司に声をかけるキッカケ作り7パターン


「ホウレンソウ」が大事なのはわかるけど、上司が忙しくしていると、話しかけるタイミングがなかなかはかれないものです。そこで『オトメスゴレン』読者へのアンケートをもとに、忙しい上司に話しかけるための工夫を探ってみました。

  • 【1】お茶をいれて出すついでに話しかける

    「お疲れさま、の思いもこめてお茶を出せば、和やかに話ができると思います」(20代女性)と、文字どおりブレイクをこちらから作ってしまう作戦です。「実はお茶を出しつつ、お話しできるチャンスを探っていたんです」と茶目っ気たっぷりに伝えれば、上司もさほど迷惑には感じないかもしれません。